ボンゴ・Bong・ボンゴ・・・・パーカッション担当 安藤 2002-2-28

今は昔ボンゴなる楽器の、
虜にしてくれた最初の人が今は懐かしいノーチェ・クバーナの有馬徹さんです。
知る人ぞ知る“鉄仮面”の有馬さんが軽やかに叩くボンゴに魅せられて
生活費も省みずに買って仕舞ったのが写真の年代ものです。(FUJI製 1963,4年頃)
今は錆付いて仕舞って叩けませんが、
戸塚時代のBIg18で始めて演奏した懐かしい楽器なので宝として仕舞ってあります。
当時ノーチェの演奏は新宿の喫茶店ラセーヌや銀座ダンスホール味松で定期的に聴くことができ、
よく有馬さんの“手”だけを見に行ったものです。
以来ずっと自己流でやってきましたが限界を感じ始め、
最近になってやっと教則本やビデオを手に入れて基本からやり直している状況です。
最も尊敬する奏者は矢張り納見義則さん(元東京キューバン・ボーイズ)ですが、
やっと少し演奏のコピーが取れる様になってきたこの頃です。
昨年、機会を得て竹内“TATATA”信一先生(バタドラム、コンガ奏者)のライブを聴きに
六本木のレストラン“ボデギータ”に行きキューバ料理やビールを楽しみながらの
Groupo Ache(竹内先生のバタドラムバンド)の演奏を楽しんだのですが、
なんとそこで神様の納見さんを紹介してもらい、
飛入りのコンガ!ソロも聴けたり、一緒にキューバビールで歓談出来たりで大感激でした。
実は納見さんは、かの2次HAVATAMPAで竹内先生とPercをご一緒された間柄で
時々ボデギータに来られるようです。
夢は、一度でも良いから納見さんにボンゴ指導してもらうことですが・・・
夢は夢に終わりそうです。

BIG HERD ORCHESTRA

ビッグハードオーケストラは、 神奈川県西湘・秦野で老舗の社会人ビッグバンドです

0コメント

  • 1000 / 1000