一枚のレコードから ふくおか 2002-3-29

彼の音楽観を変えた一枚のレコードがある。
中学2年生の時に友人から譲ってもらったレコード「そよ風に乗って」である。
(マージョリー・ノエルさんと言うフランス人?の女性が歌ったもの)
この友人は、当時からなかなかハイカラな人間で、何かに付け流行の先端を行っており、
クラスの人気者であった。
反面彼は、音楽は大嫌いで、授業で歌わせられる他は、人前で歌った事はなかったし、
楽器もハーモニカ以外やった事がなかった。 彼にとって音楽なるものは、遥か遠い存在であった。  
しかし友人宅でこの唄を初めて聴いた彼は、
今までに感じた事の無い何か爽やかな不思議な感覚(ルンルン的心地良さ?)を覚えたのである。
そしてこのレコードを聴くためにポータブルのプレーヤーを買った。
しだいに彼はいろいろな「はやり歌」を聴くようになっていった。
音楽に興味を持ちはじめて来たある日の放課後、
クラスの子から「音楽室へ来ない?」と誘われた彼は、ブラスバンド部に入部してしまった。 
彼は入部を断る事が出来ず、結局卒業までトロンボーンを吹いていた…。
春、高校入学と同時に剣道部に入りたかった彼ではあったが、
先輩から半ば強制的(?)に吹奏学部に入部させられてしまった。
結局高校生活の3年間、吹奏学部に在籍してしまった…。
しかし、これがJAZZとの出会いをもたらす事になろうとは当時の彼は気付くはずもなかった。
つづく…

BIG HERD ORCHESTRA

ビッグハードオーケストラは、 神奈川県西湘・秦野で老舗の社会人ビッグバンドです

0コメント

  • 1000 / 1000